ホワイトティラミスで、まったりティータイム - 三行で読む最新時事ニュース

ホワイトティラミスで、まったりティータイム

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070701-00000001-fsi-bus_all



powerd by 楽市360




ティラ・ミ・ス (Tiramisu, Tiramisù) は、北イタリア生まれのチーズケーキの一種。 語源はイタリア語で「私を引き上げて」(Tira mi su) 即ち「私を元気付けて!」 。

適度な大きさの型にエスプレッソをたっぷりと染み込ませたビスコッティ・サヴォイアルディ(biscotti savoiardi、サヴォイアのフィンガービスケット)を敷き詰め、その上からマルサラワイン・砂糖と共に卵黄を温めながらかき立てたカスタードソース「ザバイオーネ」 (Zabaglione)とマスカルポーネチーズを合わせた「ザバイオーネ・クリーム」を流し入れ、同行程を2〜3層繰り返し、型を埋め尽くし冷し固める。
仕上げは表面にココアパウダー、時にエスプレッソの豆を挽いた粉をふりかけて風味付ける。

 近年生まれた新しいデザートだが、出生地に名乗りをあげる幾つかの土地の間で論議となったことがある。
原料のマスカルポーネはロンバルディア州のチーズ、ビスコッティはピエモンテ州、クリームのベースとなるザバイオーネもピエモンテ州の郷土デザートだが、現代に於いて原料は他州でも容易に入手でき、ザバイオーネも良く知られたクリームであることから考えると、この2州に特定するのは困難で、ヴェネツィア又はトレヴィーゾではないかと言われている。

 アレンジは多岐にわたり、色々なヴァージョンが登場したが一時期の流行に終り、現在イタリアの定番デザートとは言いがたい。

 米国では1970年代終わりから1980年代初めにかけて、日本では1990年頃ブームになり、その後も一定の人気を保って今日に至っている。

雑誌「Hanako」(マガジンハウス)が1990年春に紹介した。

 1991年、ロッテが板チョコ「ティラミスチョコレート」を発売。

 2月4日の新聞に、紙面三分の二を使用した、巨大な告知広告を掲載した。
往年の女優鰐淵晴子の娘である鰐淵理沙を起用したが、バブルの終焉とともに短命商品に終わる。
なお「ティラミスチョコレート」は他に明治製菓からも発売された(CMには織田裕二を起用)。

引用:wiki




う〜ん、おいしそうですね!

ホワイトティラミス
まったりと午後のティータイムを
満喫したいですね




★おいしそうなティラミスを探す★


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
« 小林幸子「もう勘弁して」新潟…  |  初代マリオとの再会 »
Copyright © 三行で読む最新時事ニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。