マツバガニ VS ノコギリガザミ - 三行で読む最新時事ニュース

マツバガニ VS ノコギリガザミ

イザ!ニュース

イザ!のトップニュースをお届け。


ミソと卵にハマる?まるで卵黄…ヤミツキです♪


 味はマツバガニにも劣らないというノコギリガザミ(ワタリガニ科)の育成に、有田箕島漁協北箕島支所が約15年前から取り組んでいる。

種苗(稚魚)の中間育成が難しく、途中で事業中止の危機もあったが、乗り越えてブランド化を目指している。

 ■飼育方法を改良

 ノコギリガザミの放流事業は平成7年から有田川、紀ノ川、日高川の県内の3河川で始められた。ところが日高川では共食いが激しく、水揚げがほとんどなかったため数年で断念した。新たに参加した別の漁協も同じような状況。技術的に中間育成がかなり難しいのが原因だった。

 独立行政法人水産総合研究センター玉野栽培漁業センター(岡山県玉野市)から種苗を仕入れている有田箕島漁協では生存率を高めるため、平成17年からさまざまな方法を取り入れた試験育成に取り組んだ。陸上水槽内に天然シュロを入れ約30日間飼育したところ、生存率が34%という業界としては驚異的な成果を収めた。

 ■年間千匹超へ

 中間育成は順調に進んでいるものの漁獲する流域が狭く、水揚げも少ない。放流後、出荷サイズの約1キロを超える大きさになるには約2年かかるという。20年度に漁獲されたのは約600匹。同漁協副組合長の中村育生さん(61)は「増えてきてはいるが、千匹を超えるのが目標」と話す。

 今年から串本町と町内の漁協、さらに勝浦漁協へ飼育ノウハウの供与も始めた。来年から田辺湾と由良湾にも放流する計画がある。県内での漁獲流域が拡大すれば水揚げも多くなり、県の名産として全国にアピールできるという。

 ■「有田市から発信」

 「まず有田市から、このカニを発信したい」と中村さん。将来は水揚げされたカニは市場に出さず、市内の飲食業者に納入していく考えだ。「地産地消」で観光客を呼び込むのがねらいだ。

 「有田市へカニを食べに来てもらい、きれいな海水浴場も楽しんでもらいたい。観光客が増えることで市の活性化とブランド化につながる」

 それには水揚げ量の増加が欠かせず、中村さんは「水産振興に市も力を入れてほしい」と熱望している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090622-00000014-san-l30


料理長のワンポイントレッスン〜松葉ガニのカニ刺し〜


頼もしGキラー、燕・村中が帰ってくる
「左ひじ側副靭帯(じんたい)損傷」からの復活を目指すヤクルト・村中恭兵投手(21)が、7月10日からの横浜3連戦(神宮)で復帰することが22日、有力になった。 「交流戦が終わったら、先発は(登録抹消中の)川島亮と“もう一人”帰ってきますよ」。7連勝...


【09株主総会ライブ】日立(1)巨額赤字に陳謝の言葉なく
平成21年3月期に製造業で過去最大の7873億円の最終赤字となった日立製作所の定時株主総会が23日午前10時、都内で始まった。 同社は自動車機器や電子部品、薄型テレビなどデジタル家電の販売減少で業績が悪化したところに、グループの半導体大手、ルネサス...


確認検査機関の責任認めず、耐震偽装で地裁小倉支部
姉歯秀次元1級建築士による耐震強度偽装問題で、構造計算書の確認を怠ったとして、北九州市でビジネスホテルを経営する菅原不動産(同市)が、建築確認をした指定確認検査機関の日本ERI(東京)に1億2000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、福岡地裁小倉支...


高級ガニ「ノコギリガザミ」をブランド化へ
味はマツバガニにも劣らないというノコギリガザミ(ワタリガニ科)の育成に、有田箕島漁協北箕島支所が約15年前から取り組んでいる。種苗(稚魚)の中間育成が難しく、途中で事業中止の危機もあったが、乗り越えてブランド化を目指している。(清水隆) ■飼育方法...


阪和道で玉突き、1人重傷 大阪府松原市
23日午前3時半ごろ、大阪府松原市一津屋の阪和自動車道上りで、車8台が絡む玉突き事故があった。運転していた40代の男性1人が骨盤骨折の重傷という。 府警高速隊によると、現場は片側3車線のほぼ直線道路。乗用車が中央分離帯にぶつかって停車する自損事故が...


小橋が心情を吐露、三沢さんにノア復興誓う
ノアのシリーズ最終戦が22日、東京・後楽園ホール大会で行われた。13日に三沢光晴さん(享年46)が試合中に亡くなって以来、初めての“プロレスの聖地”での興行に、会場は2100人の超満員にふくれあがった。全試合後、三沢さんのライバルだった小橋建太(4...


リウマチ最新治療 生物学的製剤に注目 回復に効果、少ない副作用
新しいリウマチ治療薬として、生物学的製剤が注目されている。従来の治療薬では病気の進行を抑えることができず、「不治の病」ともいわれてきたリウマチだが、2、3年の投与でほぼ回復できる人もおり、副作用が少ないという。国内では平成15年に最初の薬が認可され...


走者置いて凡退続く 調子戻らない福留
カブスの福留は一、三、五回とも走者を置いた場面で打席に立った。だが一回は併殺打。三回はカウント2−0と追い込まれた4球目、高めの速球に手が出て空振り三振。五回2死三塁ではフルカウントからカーブに泳がされて右飛と、いいところがなく凡退した。 このブレ...


移植法改正の対案提出 参院野党有志
参院の民主、社民両党らの有志議員は23日午前、衆院を通過した臓器移植法改正案の対案となる「子ども脳死臨調設置法案」を参院に提出した。臓器提供の対象を15歳以上に限定している現在の枠組みを維持しながら、子どもの臓器移植の在り方を検討する臨時調査会を内...


就職できない? だったら軍へ! 中国軍、今夏、大卒12万受け入れ
【北京=矢板明夫】金融危機の影響で中国の大学卒業生の就職難が深刻化するなか、軍が今夏、就職支援と称してこれまでで最大規模の12万人の大卒者を受け入れることを決定した。軍機関紙「解放軍報」などが伝えた。 中国メディアによると、今夏には約610万人の大...


「現実とは思えない」強烈な衝撃に車体ゆがむ ワシントン地下鉄事故
列車に乗り上げた車両は、宙を向いたまま止まっていた。ゆがんだ車体と血の付いたドアが、強烈な衝撃を物語る。「現実とは思えない光景だった」と目撃者。米国の首都ワシントンで22日起きた地下鉄事故は、ラッシュアワーの乗客を巻き込み同地下鉄史上最悪の惨事とな...


【逍遥の児】台湾のスーパースター棋士
日本の囲碁界を台湾パワーが席巻している。主要10大タイトル(女流3を含む)のうち、7タイトルを台湾出身の棋士が獲得したのだ。 殊勲者は、張栩(ちょうう)十段(29)と謝依旻(しぇい・いみん)女流名人(19)。張棋士は産経新聞社主催の「第47期十段戦...


西川社長続投に鳩山邦氏「国民を愚弄」「ばかばかしい」
鳩山邦夫前総務相は23日午前、日本郵政の西川善文社長の続投を決めた政府の対応について、「経営を一新しないで(西川氏らが)責任をとらなければ、国民は受け入れない。ばかばかしいことをやっている」と述べ、激しく批判した。都内で記者団に語った。 鳩山氏は、...


20代の金融資産、4割弱が25万円未満
20代の4割弱が25万円未満の金融資産しかない−。20代の若者のライフプラン(生涯設計)に関する日本ファイナンシャル・プランナーズ(FP)協会の調査から、そんな実態が明らかになった。不安に思うことについては、「日常の家計管理」や「職の確保」といった...


永谷園が「スティッチ」ふりかけ新発売
永谷園は、人気上昇中のディズニーキャラクター「スティッチ」を起用したふりかけ「ディズニー ミニパックふりかけ(20袋入り、231円)」を7月6日から、全国のスーパーで販売する。子供の骨の成長を助けるカルシウム入りで、「たまご」「さけ」「やさい」「お...


元ジャニーズJr.メンバーを逮捕 失業保険不正受給の詐欺容疑で
実体のない会社から解雇されたと虚偽の届け出をして失業保険をだまし取ったとして、警視庁捜査2課が詐欺の疑いで、ジャニーズJr.元メンバーの榎本雄太容疑者(28)を逮捕していたことが23日、捜査関係者への取材でわかった。同課によると、榎本容疑者は容疑を...


OKIデータ、物流改革でCO2削減
OKIデータは22日、国内の物流面改革などで、二酸化炭素(CO2)排出量を年間112トン削減できる見込みだと発表した。改革は、福島事業所(福島市)の生産効率化による納期短縮で、商品在庫量を削減し、従来4カ所あった外部倉庫を2カ所に集約する。さらに、...


吉野家HD 業績不安で「もみあい」続く
吉野家ホールディングス(コード9861)が急騰、急落を繰り返している。 3月27日に終値ベースの年初来高値11万3600円をつけたが、その後は業績不振が嫌われて急落。一時は10万5000円を割り込んだ。しかし、6月に入ると再び騰勢を強め、15日終値...


G大阪・遠藤、俊輔にエール「うらやましい」
G大阪の日本代表MF遠藤が22日、エスパニョールへ移籍する俊輔にエールを送った。非公開練習後、「うらやましいけど頑張ってくれ、という感じ。普通のファンと同じ」。ともに岡田ジャパンの中盤を支える親友の移籍に、うらやましさよりも喜びが勝った。南アW杯を...


Jパワー初の国内CDM事業
Jパワー(電源開発)は22日、静岡県焼津市の温浴施設「笑福の湯」で、二酸化炭素(CO2)削減量の削減を支援すると発表した。大企業の資金・技術を活用して中小企業の排出削減を進める「国内CDM(クリーン開発メカニズム)制度」を活用した取り組みで、Jパワ...




レーシック Q&A

相談し難い悩みを解決します。性感染症からの脱出!

愛犬と快適に暮らすための犬のしつけ方

縮毛矯正で美しい髪を

計画出産で男女産み分け

意中の人を振り向かせる恋愛心理学

自分の愛車の査定額(資産価値)を知ろう

ニキビ跡でお悩みならにきび跡の悩み解消しませんか?

ハードディスクやデータの復旧ならHDDデータレスキュー




愛車の買取最高額を1分で!





ベルメゾンネット

ベルメゾンオリジナル☆お肌に優しいスキンケア「ヌーベル・アトピュラン」


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122060999
この記事へのトラックバック
Copyright © 三行で読む最新時事ニュース All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。